日本トップレベルの試合は “まだ” 無料で見られる

織部 隆宏

~今こそお伝えしたい、関東学生リーグの価値~

 

 

 

リオオリンピック以降、空前の卓球ブームに

 

 

全日本選手権も東京体育館が満員状態

 

 

“卓球をしたことがない人が見に来るようになった”

 

 

というのは、ビックリかつ嬉しい変化でした

 

 

席が取れない

 

 

チケットが高くなる

 

 

なんてことが来年から起きることも頭をよぎり、

 

 

「困っちゃうな。」

 

 

なんて気持ちを抱きながらすごしていました。

 

 

そんな折、ゴールデンウィークに関東学生リーグがあり、母校の応援に

 

 

会場に入り、メンバーを見渡した瞬間

 

 

驚きました

 

 

世界選手権デュッセルドルフ大会(2017年5月~)代表 2名

 

※森薗選手(明治大)、田添(健)選手(専修大)

 

 

全日本選手権ランク入り14名

 

※シングルスベスト16以上

 

男子 龍崎選手(明治大)、硴塚選手・緒方選手(早稲田大)坪井選手(筑波大)

 

女子 安藤選手(専修大)

 

※ダブルスベスト8以上

 

男子 酒井選手・渡辺選手(明治大)、及川選手(専修大)

 

女子 山本選手・明神選手(中央大)、阿部選手・徳永選手・田中選手(早稲田大)

 

注1)世界選手権代表とシングルスでのランク入り選手は、ダブルスベスト8の項目では省略しています

 

注2)ダブルスの項目には混合ダブルスが含まれています

 

 

 

ランキング決定戦まで進んだ選手を含めれば、20名以上

 

 

さらに、そんなメンバーに近い実力をもつ選手が多く参加しているため

 

 

全日本トップレベルの試合が、会場のあちこちで行われていました

 

 

「全日本選手権でチケット(2900円)を買って見ていた試合は、関東学生リーグだと無料で見られるのか!これ、すごいことだな!」

 

 

と思ったのですが、

 

 

思い返せば、私が大学生の時には福原愛選手や水谷準選手も関東学生リーグに出場していたので、

 

 

その練習や試合を間近で見ていましたし

 

 

水谷選手と笠原選手(現・協和発酵キリン)という

 

 

学生だった当時で全日本1位とベスト8という2人の、壮絶なラリー戦をベンチから見たことも

 

 

今となっては、なんて贅沢な体験

 

 

先輩方や、同期の御内選手(現・シチズン時計)高岡選手(現・リコー)のプレーから

 

 

ベンチ裏でのやりとりや、主務としての関わりまで

 

 

貴重な体験を数えるとキリがない

 

 

さて、関東学生リーグの競技レベルに話を戻すと、

 

 

過去の記録をさかのぼっても、常に全日本で活躍する選手たちがプレーしていた事実がいくらでも確認できますし

 

 

最初に挙げた全日本トップ選手でさえ、今大会で何人も黒星を喫しており

 

 

やはりすごいレベルです

 

 

さらに言えば、関東学生リーグは学生にとって、各校のプライドがぶつかり合う特別な大会で、

 

 

リーグ戦ならではの緊張感があり

 

 

観客席とコートの距離が近いので

 

 

その緊迫感やラリーの迫力を体感でき、かなり見ごたえがあります

 

 

また、選手が観客席を行き交うので、全日本のトップ選手が隣を通ることも

 

 

春季関東学生リーグは本日5月19日(金)から21日(日)まで

 

 

後半戦が所沢市民体育館で行われています

 

 

日本トップレベルの試合が “まだ” 無料で見られるうちに

 

 

この土日、どちらかだけでもいいので

 

 

足を運んでみてはいかがでしょうか

 

 

織部隆宏

 

 

ITS三鷹URL
http://www.its-mitaka.co.jp/

Table tennis Education Academy © 2018 All Rights Reserved. Privacy Policy