卓球場の価値を再定義する

織部 隆宏

 

「お年寄りと子供を離してはいけない。彼らを引き離すことは過去と未来を断つことと同じだ」

 

 

 

アメリカインディアンのラコタ族長老の言葉だそうです

 

 

 

先日、従妹の結婚式で初めて耳にしたのですが、

 

 

 

心から共感しました

 

 

 

 

 

 

悲しいことですが

 

 

 

年齢が離れると、共有しにくい感覚がうまれてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

生きる時代が違えば、育つ環境が違う

 

 

 

同じ経験をしても、

 

 

 

その経験を“どの時代のどんな出来事と比較するか”で

 

 

 

感じ方は全く変わります。

 

 

 

 

 

 

 

お互いを尊重し、お互いの感覚を理解しようと努められれば良いのですが

 

 

 

それには

 

 

 

個々人の成熟 に加えて

 

 

 

相互の深い“信頼” が必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

核家族化が進み

 

 

 

地域のつながりも弱くなり

 

 

 

マスメディアから、「迷惑老人」「ゆとり問題」など、その世代のごく一部分を切り取った報道が多く流されることで

 

 

 

“信頼”の構築は過去に比べて難しいものになっているように思います。

 

 

 

 

 

 

 

家族に代表されるように

 

 

 

人と人がかかわり

 

 

 

言葉をかけあい

 

 

 

同じ時間や経験を共有する

 

 

 

その積み重ねが、信頼感につながる

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

その点で、

 

 

 

スポーツが人に提供できる価値はまだまだある

 

 

 

 

 

 

 

たとえば卓球場では“卓球”をキーワードに、集まった人たちが

 

 

 

老若男女問わず、一緒に練習できる。

 

 

 

 

 

 

 

これまでの社会を支えてきた人たちと

 

 

 

今まさに社会を支えている人たちと

 

 

 

これからの社会を支えていく人たちが

 

 

 

信頼関係を結び

 

 

 

過去と未来がつながる。

 

 

 

そうゆう、ダイナミックな視点で

 

 

 

スポーツを

 

 

 

卓球を

 

 

 

考えていきたい

 

 

 

そう思いました。

 

 

 

 

織部隆宏

ITS三鷹卓球クラブURL

http://www.its-mitaka.co.jp/

Table tennis Education Academy © 2018 All Rights Reserved. Privacy Policy